キレイのための『食美活』レシピ

クリスマスや忘年会を兼ねたホームパーティなど、
12月は賑やかな食卓が増えますよね。
そこで今回は、フライパンとオーブンでちょっぴり贅沢な
「ローストチキン」レシピをご紹介!
おもてなし、持ち寄りにもおすすめです。

  • Pinterest
  • #ごちそう
  • #クリスマス
  • #パーティ
  • #おもてなし
  • #ローストチキン
  • #バターライス
  • #国産十八雑穀
材料
ローストチキン
鶏もも肉
1枚
じゃがいも
1個
A  オリーブオイル
大さじ2
  にんにく
1片(叩いておく)
  ローズマリー
3枝
オリーブオイル
大さじ1(じゃがいも用)
バター
15g
白ワイン
大さじ1
チキンブイヨン
大さじ1
塩・コショウ
各適量
クレソン
適量
レモン
1/4個
バターライス
1合
国産十八雑穀
1袋
玉ねぎ
1/6個
バター
15g
チキンブイヨン
250mL
塩・コショウ
各適量
作り方
調理時間:約45分
ローストチキン
  1. 1筋切りをした鶏もも肉の両面に塩・コショウをして、Aでマリネする。じゃがいもは皮ごと大き目のひと口大に切って水にさらし、水気を切っておく。
  2. 2①のマリネ液からローズマリーを取り出し、オイルとにんにくをフライパンにうつす。鶏肉の皮目のみ、しっかりと焼き色がつくまで強火で焼き、カリッとさせる。
  3. 3鶏肉の皮目を上にして、②の具材と脂もすべてオーブン皿にうつす。取り出したローズマリー、じゃがいもを入れ、じゃがいもにオリーブオイルを回しかけたら、200℃のオーブンで15分ほど焼く。
  4. 4③から鶏肉、じゃがいも、ローズマリー、にんにくを取り出し、脂などをすべてフライパンにうつし、バターを加えて弱火にかける。バターが溶けたら、白ワインとチキンブイヨンを加えて煮詰め、塩・コショウで調味してソースをつくる。
  5. 5鶏肉を食べやすい大きさに切り、じゃがいも、クレソン、くし切りにしたレモンとともにお皿に盛り付け、ソースをかけて完成!
バターライス
  1. 1生の米と国産十八雑穀を混ぜておく。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. 2鍋にバターを溶かし、玉ねぎを焦がさないように透明になるまで弱火で炒め、塩・コショウをする。さらに①の米と国産十八雑穀を加える。
  3. 3米粒が半透明になったらチキンブイヨンを加え、フタをする。最初は強火で沸騰したら弱火にし、そこから12分ほど炊く。火を止め、フタをしたまま15分ほど蒸らして完成!
𠮷田先生からの
ワンポイント
監修
料理研究家 𠮷田麻子さん

鶏肉を焼いた脂にはおいしさが詰まっているので、ムダなくソースに。オーブンOKのフライパンや鍋を使うと移さずそのままつくれます。特別な日をイメージして、バターライスの盛り付けにはプリンカップを使いました。カップの内側に油を塗っておくと、取り出しやすいですよ。

バックナンバー
レシピ一覧はこちら
オススメ記事