キレイのための『食美活』レシピ

今月のテーマ
[ 旬の素材 ]

空豆とうすいえんどうの
パスタ

旬のものは、おいしさはもちろん、栄養豊富なうえに安価で手に入るので、
ぜひ毎日の料理に活用してほしいもの。
今回は春の旬素材「空豆とえんどう豆」を使った、簡単につくれるクリームパスタをご紹介します。

※このコンテンツは音楽が流れます。
※動画はYouTube上で再生しております。

材料 (2人分)
空豆
5本
うすいえんどう正味
50g
ベーコン
60g
パスタ
160g
白ワイン
50m
生クリーム
200ml
イタリアンパセリ
2本分
オリーブオイル
小さじ2
少々
パスタの茹で汁
50ml
パルメザンチーズ
適量
作り方
調理時間:約20分
  1. 1空豆をさやから出し、皮の黒い部分に包丁で切り込みをいれておく。うすいえんどうもさやから取り出しておく。
  2. 2鍋にたっぷりと湯を沸かし、塩(適量/分量外)を入れ、空豆とうすいえんどうをサッと茹でる。そのまま鍋でパスタを茹でる。
  3. 3パスタを茹でている間に、空豆の皮をむいておく。ベーコンを薄切りにし食べやすい大きさに切る。パセリを粗みじんにする。
  4. 4フライパンにオリーブオイルを入れ、ベーコンをよく炒めて白ワインを加える。沸騰したら空豆、うすいえんどうを加えて軽く炒め、生クリームを加えて混ぜる。
  5. 5④ がぐつぐつしてきたら茹で上がったパスタ、茹で汁を加えてよく混ぜる。塩少々、パセリを加えて混ぜ、味を調える。
  6. 6器に盛りつけ、パルメザンチーズを振りかけて完成!
𠮷田先生からのワンポイント

うすいえんどうはグリンピースでも代用できます。ソースに絡めるパスタは茹でたてを。時間が経つとソースが絡まりにくく、クリーミーな仕上がりになりません。 また、パスタは表示時間よりも少し短めで茹でましょう(その後、余熱で火が通るため)。

料理研究家 𠮷田麻子さん

「𠮷田麻子料理教室」主宰。数々の専門学校で料理を学び、確かな技術に基づいた日本料理に定評があり、予約の取れない料理教室として評判。企業のメニュー開発や監修、雑誌、書籍でも幅広く活躍。近著に『一肉一菜おかず』(秀和システム)あり。
http://www.asakoyoshida.com/

バックナンバー