キレイのための『食美活』レシピ

今月のテーマ
[ 糖質オフ ]

あったかしらたきの
フォー風

今回は、ダイエットにもぴったりな低カロリー・糖質オフ食材「しらたき」を麺に代用した
人気アジア麺「あったかしらたきのフォー風」をご紹介します。

※このコンテンツは音楽が流れます。
※動画はYouTube上で再生しております。

材料 (2人分)
しらたき
300g
800ml
鶏むね肉
1/2枚
鶏ガラスープの素(顆粒)
小さじ2.5
生姜
適量
ナンプラー
小さじ2
少量
紫玉ねぎ
40g
もやし
80g
万能ねぎ
2本
パクチー
適量
ライム
1/2個
粗びき黒胡椒
適量
赤唐辛子
適量
作り方
調理時間:約20分
  1. 1しらたきを食べやすく切り、熱湯で3分ほど茹でておく。
  2. 2紫玉ねぎを薄切り、万能ねぎを小口切り、パクチーをざく切り、ライムを1/4個の大きさに切る。生姜は一片(約3g)を残し、すりおろしておく。
  3. 3鍋に水と鶏ガラスープの素、生姜一片、皮をとった鶏むね肉を入れ、弱火で5分ほど茹でる。
  4. 4鶏むね肉に火が通ったら、鶏むね肉だけを取り出し、細かくほぐしておく。
  5. 5④のスープに、ナンプラー、塩を加えて一度混ぜ、①のしらたき、紫玉ねぎ、もやしを加えて火にかけ、さっと温める。
  6. 6丼に⑤の具材・スープを移し、鶏むね肉、万能ねぎ、パクチー、おろし生姜、ライム、黒胡椒、赤唐辛子を盛り付けて完成。
𠮷田先生からのワンポイント

しらたきはしっかり茹でて下処理をすることが大切です。下処理をすることで、独特の臭みが取れ、食感もプリッと美味しくなります。しらたきは炒め物や煮物はもちろん、麺類の代用として使えるので和・洋・中とアレンジしてみてくださいね。

料理研究家 𠮷田麻子さん

「𠮷田麻子料理教室」主宰。数々の専門学校で料理を学び、確かな技術に基づいた日本料理に定評があり、予約の取れない料理教室として評判。企業のメニュー開発や監修、雑誌、書籍でも幅広く活躍。近著『ちゃんと覚えたい和食』(秀和システム)が、料理レシピ本大賞入賞。
http://www.asakoyoshida.com/

バックナンバー