キレイのための『食美活』レシピ

3月3日は、五行の節句の一つ上巳(桃)の節句、ひなまつり!
そこで今回は、ひなまつりにぴったりな春らしいカラーの
「カップ寿司」のレシピをご紹介します。
ガラスのカップで見た目もかわいく簡単にできるので、
お家でパーティー気分を盛り上げるのにもおすすめです。

  • Pinterest
  • #ひなまつり
  • #ごちそう
  • #寿司
  • #カップ
  • #グラス
  • #バルサミコ
  • #国産十八雑穀
材料(各2カップ分)
生ハム
4枚
クリームチーズ(サイコロ状)
30g
アボカド
1/2個
スモークサーモン
6枚
いくら
200g
きゅうり
3cm
2合
国産十八雑穀
1本
寿司酢A
 バルサミコ酢
30mL
 きび砂糖(砂糖)
大さじ1/2
 塩(上白糖)
小さじ1/4
寿司酢B
 米酢
30mL
 きび砂糖(砂糖)
大さじ1/2
2個
砂糖
小さじ2
小さじ2
少々
レモン汁
適量
作り方
調理時間:40分
(炊飯時間を除く)
  1. 12種類の寿司酢をつくる。A・Bを別の耐熱容器に入れ、電子レンジ(600W/20秒)に並べて加熱し、それぞれ混ぜてから冷ましておく。
  2. 22種類の寿司飯をつくる。米2合と国産十八雑穀をあわせて、米2合分の水で炊飯する。炊きたてを2等分してボウルに移し、それぞれに①の寿司酢A・Bを加えてよく混ぜ合わせて、冷ましておく。
  3. 3炒り卵をつくる。卵をボウルに割り入れ、砂糖、酒、塩を加えて混ぜる。フライパンにサラダ油(分量外)を熱し、中火弱で完全に火が通るまで炒める。
  4. 4具材のアボカドは皮をむき、約1cmの角切りにし、変色を防ぐためにレモン汁を振りかける。
  5. 5盛り付け用のガラスカップ(写真は約230mL)に②の寿司飯を入れてスプーンでキュッと押し、③の炒り卵を敷き詰める。それぞれの寿司飯に具材(寿司飯A/生ハム、チーズ、アボカド、寿司飯B/スモークサーモン、いくら、きゅうり)を彩りよく盛り付けて、完成!
𠮷田先生からの
ワンポイント
監修
料理研究家 𠮷田麻子さん

炒り卵は、写真のように菜箸を5~6本まとめて使うと、細かくキレイに仕上がりますよ!具材はマグロやタイなどもおいしいですし、バジルの葉をちらすなどの洋風アレンジもOK!お好みで楽しんでみてください。

バックナンバー
レシピ一覧はこちら
オススメ記事