予防&ケアが大切 大人のあせもにご注意!

汗をかくことによって起こるあせも(汗疹)。子どもに多いイメージですが、夏に日やけを気にして重ね着をした時や、パンストや生理中のデリケートゾーン、ロングヘアのうなじ辺りの汗ムレなど、大人女性のあせもはよくある肌トラブルのひとつ。そこで今回は、秋葉原スキンクリニックの廣澤朋子先生に、あせもができやすい部分やあせもの原因、予防法や対処法などのあせものケア方法を教えていただきました。

Profile
廣澤朋子先生

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。東京女子医科大学卒業後、一般皮膚科、美容医療、予防医療などに携わる。治療はもちろん、スキンケアやメイクアップのアドバイスなども行う。これまでの診療経験を生かし、クオリティオブライフの向上を大切にした治療を提案している。

読者限定プレゼント

CHAPTER 1
大人のあせも、なぜできる?

あせもの原因と種類

あせもは赤ちゃんや子どもだけにできるもの、と思っていませんか? あせもは、私たち大人にもできる可能性があります。ここでは、あせもの原因と種類について解説していきます。

あせもの原因

あせもは、汗の通り道である汗管(かんかん)が詰まってしまい、汗がうまく出ることができずに生じます。医学用語では「汗疹(かんしん)」とも言い、夏場などの高温多湿環境で大量に汗をかくことをきっかけに起きます。
汗は、皮膚にある汗腺を通って汗管から排出されます。汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類がありますが、あせもは、体温調整を行っているエクリン汗腺から出る汗によって引き起こされる症状になります。

あせもの種類①
水晶様汗疹
(すいしょうようかんしん)

小さな透明の水ぶくれが発生し、赤味やかゆみなどの自覚症状のないあせもが「水晶様汗疹」。汗管の浅い部分(角質)で詰まってしまった時に出る症状で、数日経つと自然に患部が目立たなくなっていきます。主に、乳幼児の顔に出やすいとされていますが、大人でも発熱した時にできることがあります。

あせもの種類②
紅色汗疹(こうしょくかんしん)

赤みがあり、かゆみなどの自覚症状を伴うポツポツが見られるのが「紅色汗疹」。汗管のやや深い部分(角質より深い表皮内)が詰まり、炎症が起きたときに見られる症状で、一般的なあせもとは、紅色汗疹であることが多いと考えられます。掻くことにより湿疹化したり、殺菌感染が起こり「とびひ」になることもあります。温度や湿度が高い場所でたくさん汗をかいたときに発生しやすいでしょう。

あせもの種類③
深在性汗疹(しんざいせいかんしん)

かゆみのない白いポツポツが見られるのが「深在性汗疹」。汗菅のより深い部分(表皮より深い、真皮内)が詰まって起こります。熱帯地方に多く、日本ではめったにないタイプです。広範囲に生じた場合は、体温調節ができなくなり熱中症を起こす可能性があるため、注意が必要です。

CHAPTER 2
あせもをブロック!

大人のあせも予防法

気温が高い時期は、通勤や家事などのちょっとした移動や作業はもちろん、運動などでも大いにあせをかいてしまうものです。汗をかいてもあせもにならない予防法や対策法には、どのようなものがあるのでしょうか。

汗をかいたらどうする?

たくさん汗をかいたら、すぐに拭き取ったり着替えたりしましょう。可能であればシャワーで洗い流します。あせもは、汗が噴き出す汗管の詰まりが原因ですから、その周りを常に清潔にしておくことが大切です。汗をかいたまま放置しておくと、雑菌や汚れが汗管の詰まりにつながってしまうことも。また、ニオイが発生することもあるため、清潔に保つことが大切です。
> ライスフォースのおすすめ商品はこちら

下着や衣類はどうする?

皮膚の上に汗がなるべく残らないようにするためにも、汗をかいたらすぐに吸い取ってくれる吸水性の高いものや、汗をかいても蒸れない通気性のよい下着や衣類を選びましょう。最近は吸汗速乾素材などの高機能素材の衣類も増えているため、それらを上手に取り入れてみてください。

スキンケアはどうする?

汗を拭いたり、汗が蒸発するときに、肌の水分も一緒に奪われてしまうため、汗をかく季節こそ、保湿ケアを丁寧に行って肌が乾燥しないようにしましょう。
肌が乾燥すると、肌を守るバリア機能がうまく働かなくなってしまい、汗や外的刺激によってかぶれなどの肌トラブルが起きる恐れもあります。肌のバリア機能には、肌を包む潤いを含んだ薄い角質層が深く関わっています。肌に潤いを与えることで、バリア機能が高まり肌を守ってくれるため、保湿を重視したスキンケアを行いましょう。
> ライスフォースのおすすめ商品はこちら

CHAPTER 3
ここは要注意!

あせもができやすい
パーツ&対処法

汗は全身にかきますが、特にあせもができやすい場所があります。ここでは、あせもが発生しがちなパーツと、それらの場所にできやすいあせもの予防法をご紹介します。

顔まわり(頭皮・うなじ・額)

顔まわりは、メイクや整髪料の汚れや頭皮の蒸れ、衣類の擦れなどによって、あせもができやすいパーツといえるでしょう。メイク直しは汗をキレイに拭き取ったうえで行ったり、整髪料を控えたり、ヘアスタイルもアップにして、首回りがスッキリとしたトップスを着用するといいですね。スキンケアアイテムや化粧下地などに、汗を抑える作用があるものを使用するのもおすすめです。

下着まわり
(ブラジャー、ショーツ、デリケートゾーン)

下着が直接触れる場所も、あせもが発生しやすいエリアです。汗が乾きにくいので蒸れやすく、その状態で下着が肌と擦れたりすると、雑菌や汚れなどで汗管が詰まったり、肌に刺激を与えてしまう可能性も。下着は少しゆったりしたのものを選んだり、肌にやさしい素材のブラやショーツ、高機能素材の下着を着用するといいでしょう。

関節まわり(ワキ・ヒジ・ヒザ裏)

肌と肌が擦れる関節まわりも、あせもに注意したいパーツ。汗をかいたらすぐに拭いたり、長袖のトップスやロングパンツ、レギンスなどを着用して、肌と肌の摩擦が起きないようにするのもいいでしょう。また、そのような衣類を着る場合は、吸水性や通気性のいいものをセレクトすると快適ですね。

廣澤先生からの
メッセージ

汗をかきやすい季節に気を付けたいあせも。しかし、あせもを恐れて汗をかかないようにしたり、汗をかくような行為を控えたりするのはもったいないですね。
汗をかくこと自体は、とてもいいことですし、気持ちのいいものです。あせもの予防は、汗をかかないことではなく、汗をかいたあとにどうするのかが肝心です。
汗をかいたら、すぐに拭いたり着替えたりして、清潔にしておくこと。そして、保湿ケアを十分に行って、あせもに悩まない快適な季節を過ごしましょう。

読者限定 抽選で4名様にプレゼント 夏にうれしい洗えるマスク

応募期間

2020年 8月3日(月)~8月31日(月)まで

ご応募はこちらから

  • ※プレゼントは会員様限定となります。既に会員の方はログインを、ご登録がまだの方は、応募フォームより新規会員登録をお願いいたします。
  • ※応募は期間中、お一人様1回限り。
オススメ記事