RICE FORCE
お肌のせんせい

どうする?初夏ケア

気をつけたい「UV 乾燥」
太陽に負けない
「うるおい肌」の作り方とは?

乾燥は冬だけではなく一年中降り注ぐ厄介な「紫外線」からも引き起こされます。数多くの人気アーティストや女優を手掛けるプロメイクの武田隼人さんに、乾燥肌がメイクによくない理由と、初夏こそ気をつけたい「うるおい肌」の作り方を教えてもらいました!

紫外線乾燥にも注意を!

夏に気をつけるべきは、もちろん「紫外線」ですが、日焼けのことばかり頭に入っていませんか?実は、紫外線が原因で「乾燥」も引き起こされているんです。そもそも、メイクにとって乾燥肌が良くないのは、肌の水分が少なくなってしまい、表面が突っ張ってしまうから。そうするとファンデーションが割れたり、粉吹きの原因になります。乾燥シーズンを抜けたと思ったのに、こういったトラブルが出ている方は夏の紫外線による乾燥が原因かもしれません。

一年中、乾燥肌の人は乾燥対策として、クレンジングや洗顔でその日の汚れをちゃんと落とすことが大切です。汚れがあるままだと、せっかく良い化粧水や美容液を使っても肌に浸透しません。夏の間だと、アクポレスのクレイクレンズとかオススメですよ。クレイクレンズなのに、泡立ちが滑らかで洗っていて気持ちがいいです。洗顔後はタオルで擦らずに、すぐにそのまま化粧水をつけて乾燥を防ぎましょう。お風呂から出たら3分以内のスキンケアを心がけてくださいね。

日中の紫外線対策はライスフォースの「UV プロテクトミルク」を愛用しています。白浮きせず、ファンデーションの上から重ねても崩れないので、メイク前の下地にはもちろん、昼間のお直しも使えてこれ一本あれば大丈夫。お直しの時はパフにつけて上から押さえるのがよれないコツです。

うるおったぷるぷるの肌で
メイクのノリに差が!

ライスフォースは撮影の時には9割の女優さん、モデルさんに使用しているのですが、シリーズ問わずどんな方にも使える安心感が信頼できるポイント。すでに名前が知られている商品なので「やっぱりライスフォースって良いですか?」と聞かれるのですが、実際に使ってあげて使用感を聞くと「本当だ!」と仕上がりに喜んでもらえます。

仕事現場で一番気に入って使っているのは「ディープモイスチュアエッセンス」。これ一本でもスキンケアが仕上がるくらい、肌がぷるんとした質感になります。ライスフォースはどの製品もベースに100%お米から生まれたエキスを使っているので、シリーズによって肌に合わない、ということがないのも信頼できる要素。僕は普段から小麦を取らないようにしているのですが、古くからお米を食べてきた日本人だからか、お米の成分は肌になじみやすい気がしています。

スキンケアは長持ちするメイクを作るのに欠かせない土台です。どんなメイクを作るにしても、うるおったぷるぷるの肌が大切。魅せたい自分をキープするために、夏の間も丁寧なスキンケアで紫外線乾燥をしっかり防ぎましょう!

初夏ケアこそ
しっかり落として
しっかり保湿!
武田隼人さんHayato Takeda
ライスフォース歴8年。ヘア& メイクアップアーティストとして女優、俳優、タレント、ミュージシャン等、多数担当。2015 年に株式会社プゥエンテを設立。広告、CM、ファッション雑誌、CD ジャケット、PV、各種カタログ、コンサート、ファッションショー等を中心に様々なヘアメイクを手掛ける。

武田さんのオススメ商品はこちら!

これ一本でも
ぷるん肌に仕上がる!
ディープモイスチュアエッセンス
(薬用保湿美容液)

CHECK!
ライスフォース30日間セットはこちら
   

こんなコンテンツも、おすすめです!

一覧へ戻る