riceforce radio Be yourself
長谷川京子さんメインイメージ
あなたらしい素顔の秘訣

Vol.99 長谷川京子さん
肌の調子が良ければ、すべてがOK!自分の気持ちを上げるために、肌をいいコンディションに!

1978年、千葉県生まれ。女性ファッション誌の専属モデルを経て、2000年女優デビュー。以降、ドラマを中心に数多くの映画やCMに出演している。近年の出演作に、NHKドラマ『ミストレス』や映画『光』などがあり、関西テレビ『グータンヌーボ2』では初めてのMCを務めるなど、活動の幅を広げている。写真集の出版は、25歳以来16年ぶりとなる。

映画大好き!映画館とそこで味わうポップコーンにもこだわります!

映画が好きで映画を観に行く時間っていうのはやっぱり満たされた時間だなと思います。ジャンルを問わず、話題性のある大きな映画も好きだし、単館系も好きですね。まだ話題の『JOKER』を観れてなくて、早く行かなきゃと思っています。基本的に恵比寿の映画館、ガーデンシネマも好きですし。映画館ごとにけっこう愛着があります。ただやっぱりTOHOシネマズは好きですね。バターのポップコーンがあるから。いつも、ポップコーンにバターをたっぷりかけてくださいって言うんです。入れ方が上手な店員さんがいらっしゃって。その方は二層にして入れてくれるんですよ。1回ポップコーンを真ん中くらいまで入れて、いっかいバターをかけて、またポップコーンをてんこ盛りにしてくれて上からまたバターをかけてくれるんです。しょっぱくて美味しいところと砂糖塩がたりないところと、逆にどんどん食べちゃうんですよね。

長谷川京子さん写真1

きめ細かい肌は親からのギフト。そのギフトをいつまでも大切に。

お肌に関しては、もともときっと親からのギフトで、わりとキメが細かい方だと思うんですね。ただ、皮膚もすごく薄くて弱いので、そういう意味では保湿をとくに心がけていて、保湿でいつもクリームを持ち歩いていて、乾燥した時は上から塗るっていう形にしています。なので、親からもらったギフトをいかにどう扱うかっていうことで考えています。肌が調子良ければなんとかなるんですよ、全部。肌の調子が悪くてくすんだり、できものができたりすると、それをカバーするっていうところから始まると、自分のテンションが上がらないというか、自分のテンションを上げるために、肌の状態をよくしておくっていうことなんですかね。なかなか皆さん忙しいと思うので、そんないい状態を保つのは難しいと思うんですけど。ただ、できてしまったものや状態が悪い時には逆にそれをストレスとはとらずに、そういうもんだ、こういう時期だ、季節の変わり目だし、最近忙しかったから、とかエクスキューズするようにしています。

長谷川京子写真2

★お知らせ★
写真集『Just as a flower』11月26日発売(宝島社)

長谷川京子さんのトーク内容は、
radiko.jpで2019年11月29日まで聴くことができます!

毎週土曜日8:30〜
RADIODONUTS(J-WAVE) 「RICEFORCE Be yourself」
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

一覧へ戻る

ライスフォース30日間セットはこちら