riceforce radio Be yourself
城南海さんメインイメージ
あなたらしい素顔の秘訣

Vol.70 城南海さん
奄美のマングローブで過ごす、極上の“島じかん”

平成元年鹿児島県奄美大島生まれ。奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つシンガー。2009年1月「アイツムギ」でメジャーデビュー。2018年6月に大河ドラマ「西郷どん」の劇中歌と大河紀行の曲を収録した最新シングルをリリース。今年1月にデビュー10周年を迎え、5月に初となるベスト盤のリリースが決定。

城南海さん写真1

里帰りの楽しみは、父親とのカヌーの時間!

私は奄美大島から東京にやってきて10年になります。奄美に帰るといつも、空港についた瞬間から流れている時間が島時間なんですよね。人が歩くスピード、車も遅いし、動物たちものびのび生きていて、すごくその時間に癒されます。帰省した時の楽しみは、奄美の南部の方にある、マングローブへ行くことですね。私の父親が奄美の観光ガイドを現地でやっていて、いつも連れて行ってくれます。汽水域といって、海水と淡水が混じっている、奄美の中でも独特の自然がある場所ですけど、ここで、カヌーを漕ぎながら、水の上で過ごします。水が澄んでいるので、水面を飛んでいるような感覚ですね。そこは、島時間というよりも時が止まっているような感じで、木々たちのマイナスイオンを体いっぱいにあびて、フワフワ眠くなってくるんです。父が後ろで頑張ってカヌーを押してくれるんですが(笑)そんな時間が好きです。天気が変わりやすいので、バーっとスコールが降っても楽しいし、青空が見えたらカニが出てきたりとか、面白いですね。東京に戻ってきたら、東京の時間に自分を合わせる感覚もあります。ちょっと早く歩いてみたりとか、そういったギャップはありますね。

城南海さん写真2

ゆらぎに負けない肌作りが目標。“飲む点滴”を毎朝チャージ!

東京に引っ越してから、肌が敏感になって、アレルギーが出たりとか、ハウスダスト、花粉症の症状が出るようになりました。荒れやすい、ゆらぎやすい肌ではありますが、自分の肌の底力をあげていくために、炭酸パックを毎日続けています。パックだけでなくマッサージも意識してやっていますね。私は食いしばりがあるので歯を食いしばった時の筋肉の上をマッサージしたり、耳の周りのツボを押したり、目の周りを優しく押すと、顔がスッキリします。最近は、飲む点滴と言われる甘酒を飲んでいます。朝、私はお腹が空かないので、食事がわりに甘酒を200mlくらい飲みます。元気も出るし、甘さで疲れも飛ぶので、毎朝飲んでいます!

城南海さん写真3

★お知らせ★
城南海デビュー10周年!
初のベストアルバム『ウタツムギ』5月8日発売!

城南海さんのトーク内容は、
radiko.jpで2019年5月10日まで聴くことができます!

毎週土曜日8:30〜
RADIODONUTS(J-WAVE) 「RICEFORCE Be yourself」
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

一覧へ戻る

ライスフォース30日間セットはこちら