riceforce radio Be yourself
ゆうたろうメインイメージ
あなたらしい素顔の秘訣

Vol.29 ゆうたろうさん
メイクは自信をつける武器。
美の追求が楽しい!

1998年生まれ。広島県出身。透明感のある中性的な顔立ちと独自の思考やファッションスタイルで注目を集めるモデル。その独特な存在感で2017年からは俳優としても活動の幅を広げ、これまでに舞台4本、ドラマ1本に出演。 2018年映画「3D彼女 -リアルガール-」で映画初出演を果たす。

ゆうたろうさん写真1

メイクは僕の一部。常に美肌を心がけています。

僕はもともと自分の顔がコンプレックスで、マスクをしないと外に出られないくらい顔が嫌いだったんです。あるとき、お姉ちゃんの紹介で友達のファッションショーのモデルとして声をかけてもらって、そこで初めてお姉ちゃんにメイクをしてもらったんです。ステージに出たら、可愛い、かっこいい、って言ってもらえて、男でもメイクしたら自信になるんだと気づいて、そこから自分でメイクや美肌に興味を持つようになりました。
お休みの日でも、毎日メイクはするんですけど、おもにベースメイクがほとんどですね。東京に来て、環境の変化とかで肌が荒れやすい体質なので、普段から化粧水も気をつけています。ファンデーションもメンズのものより、女性用を使っていますね。夏だとけっこう皮脂崩れとかテカリが気になるので、化粧下地で日焼け止め効果と皮脂崩れを防止するものを使って、その上にSPFが入った夏用のファンデーションを使っています。
いつ誰に会うかわからない。いつスナップや写真を取られるか分からないので、誰にでも見せられるような肌や格好に気を使っています。

ゆうたろうさん写真2

自分の顔、肌を知るために、自撮りは欠かせません!

僕は、1日10枚くらい自撮りをしてます。人の顔って毎日変わっていると思うんです。朝、お昼、夜で全然顔は違いますね。撮るときはあまり角度を気にせず、いろんな角度をみてどの角度が一番盛れるかを探します。
おすすめは、室内より外の自然光で撮る方が綺麗に撮れると思っています。空の下で撮る方が、ナチュラルで綺麗に映るんですよね。美肌になるカメラアプリもたくさん使いますが、それに頼らなくてもきれいな肌になることが目標。そのためにも自撮りは欠かせません。日々、いろんな試行錯誤してますね。

★お知らせ★
ゆうたろうさん写真3 ゆうたろうさんも出演中!
バカリズム脚本・舞台「ひらがな男子」
日時:2018年7月20日(金)~7月29日(日)
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo(渋谷)

ゆうたろうさんのトーク内容は、
radiko.jpで2018年7月28日まで聴くことができます!

毎週土曜日8:30〜
RADIODONUTS(J-WAVE) 「RICEFORCE Be yourself」
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

一覧へ戻る