riceforce radio Be yourself
光浦靖子さんメインイメージ
あなたらしい素顔の秘訣

Vol.181 光浦靖子さん
会いたい人に会えない今、大好きな人たちの似顔ブローチ作りました!

 1971年5月20日、愛知県生まれ。幼なじみの大久保佳代子とお笑いコンビ「オアシズ」を結成し、1992年にメジャーデビュー。エッセイやコラム等を執筆し、著書に『靖子の夢』、『傷なめクロニクル』など。手芸作家としても活動し、新刊は『私が作って私がときめく自家発電ブローチ集』

大好きな手芸。最近はニードルフェルティングで似顔ブローチ!

私が手芸を始めたのは小学校3年生のクラブの時間から始めて、そこからずっとです。定期的にとか、毎日やるわけじゃなくて、時々、異常に何か縫いたい!みたいな欲求がたまるんですよ。それでもう夜なべして縫っちゃうみたいな、そんな感じですね。精神的な疲れが溜まるとほんとにやりたくなるんです。あと、とてつもなく平和な暇な時もやりたくなるんです。だから、いつやりたくなるかかわかんないですけど、私にとっては大事な時間ですね。今回、手芸にまつわる本「私が作って私がときめく自家発電ブローチ集」を出しましたが、ニードルフェルティングっていう、ふわふわの羊毛を特殊な針で刺して刺して固めて形を作るものを紹介しています。似顔ブローチっていって、大好きなお友達の女芸人さん達の顔から、俳優さんとか、小説家とか、政治家とか、自分が好きな人を片っ端から作ってきたって感じですね。うまくできたなと思うのは、おかずクラブと、森三中と、瀬戸内寂聴さんの顔もうまくいったかな。私がちょっとお気に入りなのは、小説家の川端康成と、土井たか子さん。フォトジェニックで、この顔は作りたいと思っちゃって。ニードルフェルティングは結構時間がかかる手芸なので、ゴールを早く見たいという手芸とは違うんです。逆に私はそれがすごく脳みそから気持ち汁が出てくる感じで、ふわっと気持ちよくなるんですけど、みなさんにもそれを楽しんでほしいですね。

光浦靖子さん写真1

スナック菓子の誘惑と戦っています!

スキンケアに関しては、家にいることが多くなった今、なるべく化粧しないようになったので、肌の調子も良くなってきたと思いますね。化粧品選びは、最近はプラスしていく化粧品よりも、シンプルな成分のものを選ぶようにしてますね。食べ物は、今ほんとにスナック菓子が止められなくて、我慢しなければと戦っています。私はもともと健康的な、ローカロリーなものの味覚が好きなので、結構食べたいもの食べていると自然と肌にいいものを食べていると思います。こんにゃく、もやし、ごぼうやレンコンの食物繊維たくさんのものも好きです。あとキノコが大好きなので、こんにゃくとキノコは多分人より多く食べてると思いますね。

★お知らせ★
光浦靖子さん新刊「私が作って私がときめく自家発電ブローチ集」

光浦靖子さんのトーク内容は、
radiko.jpで2021年6月25日まで聴くことができます!

毎週土曜日8:30〜
RADIODONUTS(J-WAVE) 「RICEFORCE Be yourself」
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

一覧へ戻る

ライスフォース10日間セットはこちら