riceforce radio Be yourself
花田優一さんメインイメージ
あなたらしい素顔の秘訣

Vol.144 花田優一さん
毎日、自分の肌と靴の革の“スキンケア”を入念に!

1995年9月27日、東京生まれ。靴職人。15歳で単身アメリカへ留学後、イタリア・フィレンツェで靴職人に弟子入りし靴作りを学ぶ。2015年10月、2年半の修業を終え、帰国して独立。都内の工房で靴作りに打ち込む日々を送る。2020年9月27日、デジタルシングル「純青」で歌手デビュー。

花田優一さん写真1

愛犬・モコ太郎が一番の癒しです!

僕は趣味と呼べるものが少なくて、というのも趣味を全部仕事にしてしまうんですよね。工房で靴を作ったり、絵を描いたり、今では音楽を作ったりとか、すべて仕事に繋げてしまいます。でも、そういう枠にはまらない、楽しみといえば動物と過ごす時間ですね。最近、小さいチワワ&パピヨンのミックスのワンちゃんを家に迎えまして、その子がワクチンの3回目を打って、お外でお散歩できるようになったので、ちょっと朝早めに起きて、近所の河原に行って、元気に駆け回る様子を見ながら、ゆっくりと河原の風を感じています。名前は「モコ太郎」といいます。モコモコしてて、最初“フラッフィー”っていう名前にしようとしたんです。フラッフィーって英語でモコモコ、という意味なんですけど、それを友達に言ったら、なぜかみんなが“モコ”と呼び始めて、モコ太郎という名前になりました(笑)動物や子供のあの癒しっていうのは、何ものにも代えられないと思うし、映画とか音楽とかアートの世界に触れることも好きですが、仕事のモードに入っちゃうので、完全なリセットというところでは、犬とたわむれることが好きです。

花田優一さん写真2

人間の肌も、革も同じ。クレンジングと保湿が大切です。

僕は、小さい頃から肌が弱くて、今でもちょっと疲れたな、となると湿疹が出てきてしまうので、敏感肌用の匂いが強くないような化粧水を使ったりを心がけています。ヘアメイクさんとかとも一緒にお仕事することが多いので、スキンケアのコツを教えてもらったりしています。例えば、パンパンパンと肌を叩くのではなくて、手でしっかりと体温で染み込ませたりとか。それで気づいたのが、僕が普段の仕事で一番触れるのは革なんですが、革っていうのは、人間の肌と一緒で、システムとしてはやってることが一緒なんです。クレンジングして水分を入れて油で閉じ込めるということなので、自分の肌のお手入れと、革の手入れと、なんか毎日スキンケアはしてるような気がしますね。 食事面については、結構好きなものばっかり食べるですけど、食べる順番だけちょっと考えてますね。野菜を最初に食べてとか、もちろんほんとにお腹がすいた時は、思い切りハンバーガーをかぶり付く時もあるんですけど、なるべく温かいもの、お酒もお湯割りか、熱燗、夏でも温かく、みたいな感じで、体を温めて、野菜から食べるっていうのは気をつけています。肌って結局、荒れるのって大体内臓からだったりすると思うので、その辺のケアというのは念入りにしてるつもりです。

花田優一さん写真3

★お知らせ★
花田優一 デビューシングル「純青」デジタル発売中

花田優一さんのトーク内容は、
radiko.jpで2020年10月9日まで聴くことができます!

毎週土曜日8:30〜
RADIODONUTS(J-WAVE) 「RICEFORCE Be yourself」
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

一覧へ戻る

ライスフォース30日間セットはこちら