Q&A

その他のアイテムについて

クレンジングウォーター/メイクアップリムーバー/クレンジングミルク

乾燥肌なのですが、どのメイク落としを使えば良いですか?
洗い上がりも、しっとりするクレンジングミルクをおすすめします。500円玉程度を目安にお使いください。
一回のご使用分が少ないと、肌に刺激を与える可能性がありますのでメイクに合わせて適量をご使用ください。
毛穴やざらつきが気になるのですが、どのメイク落としを使えば良いですか?
ジェルタイプのメイクアップリムーバーをおすすめします。メイクとなじませるうちにオイル状になり角栓ともなじんできます。更に、クレンジングブラシと併せてお使いいただければ、指では届かない小鼻の汚れなどにも効果的です。
メイクアップリムーバーは水分を嫌いますので必ず乾いた手と顔でお使いください。
最初は固いジェルが、だんだんゆるくなってきますので、指先がふっと軽くなったら汚れが浮き上がった証拠ですので、洗い流してください。
まつエクに使えますか?
メイクアップリムーバー、クレンジングミルクにはオイルが入っておりますので、まつエクにはご使用いただけません。
ウォーターベースでオイルフリー処方のクレンジングウォーターをお使いください。綿棒にしみ込ませて、アイメイクをやさしくふき取ってください。

マイルドフェイスウォッシュ

マイルドフェイスウォッシュは、乾燥肌でもつっぱったりしませんか?
マイルドフェイスウォッシュは肌に優しい弱酸性アミノ酸系洗顔料です。
うるおい成分・ライスパワー®No.1配合で、肌にうるおいを残したまま、乾燥状態のお肌もつっぱらずしっとりすべすべに洗い上げます。
泡立ちが悪いのですが…
お肌への優しさを一番に考えて、弱酸性アミノ酸系の洗顔料になっています。
アルカリ性の石けん成分は入っておりませんので、しっかりと泡を立てたい場合は泡立てネットをご使用ください。

ディープクリアローション

ディープクリアローションの目的は何ですか?
ターンオーバーが乱れると、肌表面に不要な角質がたまり、ごわごわしてくすんだ肌になってしまいます。
その不要な角質をやさしく取り去り、透明感にある柔肌を作りましょう。
土台がきれいだと、その後のスキンケアの浸透力が高まり、より美肌への近道になります。
ディープクリアローションとリフレッシュスキントナーの違いは?
目的が違います。
ディープクリアローションは、あくまでも、その後に使うディープモイスチュアシリーズの浸透力を高めるためのプレ化粧水的な役割です。
皮脂悩み、毛穴の開き、テカリなどの悩みがある方は、ライスパワー®No.6配合(皮脂分泌抑制効果)のリフレッシュスキントナーをおすすめします。

プレミアムパーフェクトマスク

マスクはお風呂でも使用できますか?
プレミアムパーフェクトマスクをお風呂に入りながらお使いいただいても品質には問題ありません。
しかし、入浴中は老廃物や汗により保湿成分が浸透しにくくなるため、より効果を実感いただくためには、
お風呂上りの清潔で柔らかくなった状態のお肌にお使いいただくことをおすすめします。

UVプロテクトミルク25/50

UV効果はどのくらい続きますか?
UVプロテクトミルク25の日常生活における紫外線防止効果は約8時間、一方、UVプロテクトミルク50は約16時間です。汗をかいてミルクが流れたり、とれてしまうと効果が短くなりますので、その際は塗りなおしてください。効果は目安としてお考えください。
ニキビができているのですが、日やけ止めを使っても大丈夫ですか?
紫外線はニキビを悪化させたり、ニキビ跡の色素沈着の要因となるため、しっかりUV対策をすることが大切です。
UVプロテクトミルク25/50は、スキンケアをしながら紫外線からお肌を守ってくれる日やけ止め化粧下地です。お肌の刺激となる紫外線吸収剤をシリコンコーティングしていますので安心してお使いいただけます。
※赤く腫れたニキビや、化膿している場合は医師にご相談ください。
どんなファンデーション(リキッド・パウダー)にも組み合わせられますか?
非常に肌なじみが良く、日やけ止め特有のベタつきのない使用感ですので、リキッド・パウダーファンデーションどちらとも相性良く仕上ります。
また、保湿成分・ライスパワー®No.1配合で、乾燥による化粧崩れを防ぎます。
(※他社製品との組み合わせでは、その全てではありません。)
洗顔料だけで落とせますか?
専用のクレンジングは必要ありません。UVプロテクトミルク25/50も通常の洗顔料やクレンジングで十分落とせますが、重ねてメイクをしている場合は、メイク落としを必ずご使用ください。