RICE FORCE
お肌のせんせい

朝起きたら
お肌の調子が悪かった!

そんな時でも
すぐに
「ツヤ肌」を作る方法って?

「朝起きたらなんだか肌の調子が悪い...」「ファンデーションが浮いてしまって化粧ノリが悪い」昨日と同じケアをしたはずなのに、なぜかお肌の調子がバラついてしまう…。これからの季節は紫外線や冷房による乾燥など、冬とは違った肌トラブルの原因に悩まされるかも?急に調子が悪くなっても、すぐにリカバーしたい!そんな時にどういったケアをしたらいいか気になりますよね。プロメイクのカスヤ ユウスケさんに、調子の悪い肌もツヤ肌に仕上げてくれるスキンケア方法について伺いました!

肌のコンディションが悪い時は
化粧水でコットンパックが
おすすめ!

私は普段、雑誌の仕事を多く担当しています。雑誌だとドラマや映画とは違ってその日だけのお仕事ということもよくあり、モデルさんに同じスキンケアアイテムを長期間継続して使用するということはありません。そのため、スキンケアにはその現場現場での瞬発力のようなものが求められます。ライスフォースの化粧水はすぐにお肌に浸透してくれて、パンとハリを出してくれる、瞬発力を感じれるアイテムです。もう7年ほど仕事で愛用しているのですが、いろいろな肌タイプの人にトラブルなく使用できるのでとても信頼しています。

撮影は朝早いことが多いのですが、人によっては朝の肌状態が良くないことも。特に若いと肌質が変化しやすく肌の状態も安定しないので、メイク前のスキンケアをしっかり丁寧に施してあげることがツヤ肌を作るコツです。肌を触ってみて、「水分が足りていないな」「瞬発的にリカバーしたいな」と感じたら、ディープモイスチュアローションでコットンパックをします。スチームを当ててお肌を柔らかくし、浸透しやすくさせるのもポイント。

夜はダメージを流すように、
丁寧にクレンジングします

化粧水をつけたら乳液で蓋をして、最後にディープモイスチュアクリームでマッサージをします。スチームで柔らかくなった肌をさらにほぐしていき、リンパを流すようにマッサージ。血の巡りが良くなり、老廃物が流れるだけで顔のむくみがスッキリしたり、顔色がよくなりますよ。クリームはとてもよく伸びるので、最初は少なめに手にとって、手で温めてからマッサージをします。肌を触ってみて「まだ潤いが足りてないな」と感じたらクリームを足していきましょう。初めからたくさんつけてトゥーマッチになると、化粧を乗せる時にベタついてしまうので、気持ち少なめからスタートするのがポイントです。

日やけしてしまったらビタミンCをとったり、内側からのケアも忘れずに。夜はその日受けたダメージを流すように、丁寧にクレンジングをすることが大切です。女優さんやモデルさんも、撮影が終わったら必ずメイクを落としてから帰ります。肌に何か乗っているということはそれだけ負担になっているということなので、優しく落としていきましょう。そして落とした分、しっかりと保湿するのも忘れずに。翌朝のツヤ肌を叶えるためにも、そのひと手間は欠かせません。

肌の調子が悪いと思っても、普段とは違うケアをする必要は実はなくて、いつものアイテムを上手につかってリカバリーしていきましょう。

夏こそ
メイク前のスキンケア
しっかり丁寧に!
カスヤ ユウスケさんYusuke Kasuya
ライスフォース愛用歴7年。株式会社アディクトケース代表。ファッション誌、広告、TV、ファッションショーのヘア&メイクアップアーティストとして活躍中。人気モデルや女優、タレント、アーティストのメイクを数多く手がける。2005年より信沢Hitoshi氏に師事。2007年に独立。2011年より株式会社ADDICTCASE設立。

カスヤさんのオススメ商品はこちら!

朝イチの調子の悪いお肌に!
プロが教えるレスキューケア ディープモイスチュアクリーム
(薬用保湿クリーム)

CHECK!
ライスフォース30日間セットはこちら
   

こんなコンテンツも、おすすめです!

一覧へ戻る