おいしくキレイに♪ライスフォース美肌レシピ

旬の素材を使って、おいしくキレイになれる美肌レシピをご紹介します。

今月のお料理

うまみたっぷりで二度美味しい♪

『さんまの炊き込みご飯』

秋の味覚の代表・さんま。炊き込みご飯にして、さんまの旨みを余すことなくいただきましょう。
塩焼きにしてから炊き込むことで、生臭さも抑えられます。
1杯目はそのまま、2杯目はお出汁をかけてスープご飯として召し上がれ♪
今月の美肌ポイント

青魚の中でも食べやすく、秋の人気者のさんま。血液をサラサラにしてコレステロールを低下させる「EPA」や、脳細胞の働きを活発化して、頭の回転を良くしたり、痴呆予防にもなる「DHA」を豊富に含んでいます。
また、鉄分やビタミン、良質なたんぱく質も豊富で消化もよい食材です。
秋の美味しい時季に、家族でたっぷりいただきたいですね♪

材料

材料写真
  1. (2~3人分)
  2. ・米:2合
  3. ・さんま:2匹
  4. ・しょうが:みじん切りで大さじ1.5位
  5. ・ねぎ:小口切りで大さじ1.5位

  6. 【調味料】
  7. ・酒:大さじ2
  8. ・薄口しょうゆ:大さじ2
  9. ・みりん:大さじ1

  10. 【仕上げ】
  11. ・しょうが、ねぎ:適宜
  12. ・お好みで出汁

作り方

(所要時間:約60分)

1.お米を洗って、調味料と水を測り入れ、30分ほど置いておきます。
作り方その2
2.さんまを洗って表面のうろこやぬめりを落とします。塩をして5分ほど置いて塩焼きに。
(ご飯と炊きこむのであまり真っ黒に焦がさないように注意)
作り方その3
3.さんまを2つに切り、しょうがのみじん切りとともにジャーに入れ、炊飯します。
(2の塩焼きの際に2つに切って焼いても構いません。また、お好みで土鍋で炊飯してもOKです。)
作り方その4
4.炊き上がったらさんまを取り出し、身だけをご飯に戻し、ねぎも一緒に混ぜ込みます。
盛り付けたらお好みで生姜の千切りとねぎを添えて。
☆
☆2杯目はお好みでお出汁をかけてさらさらとお召し上がりください。
ワンポイント

魚臭くなるのが心配な方、苦手な方は、内臓や頭を取ってからご飯と炊きこんでください。
生姜の量もお好みで増やしても構いません。
お好みでご飯にかける出汁は、醤油、みりんで味をつけてください。

レシピ制作・監修 フードコーディネーターKoppy(コッピー)

お料理を軸に、毎日の生活がちょっと楽しく、おしゃれに! 食にまつわる企画提案や原稿作成、オリジナルレシピ開発、自宅料理教室などを中心に活動中。 美味しいだけではなく簡単で、かつ健康と美容に良いレシピ作りを心掛けています。 自宅料理教室では、季節に応じた洋菓子や和菓子を教えており、女性に人気のレッスンとなっています。
フードコーディネーター3級、パンシュルジュ3級
【ブログ】 http://ameblo.jp/koppycooking/