美はバランスのとれた食生活からおしゃれで手軽碗ディッシュMENU ライスフォースCafe気分レシピ

境界線

苺の甘酸っぱさが美味しい♪二層仕立てのパンナコッタ
苺の赤とパンナコッタの白の組み合わせがとっても可愛く、クリーミーでくちどけの良いデザートです。
簡単ですがケーキ屋さんのように可愛く仕上がりますよ♪ 苺がないときは、お好みのフルーツでどうぞ。
境界線

キラキラゼリーを乗せた苺のパンナコッタ
材料(4個分)
材料

▼材料(4個分)
【パンナコッタ】
・生クリーム(動物性、脂肪分45%):250cc
・牛乳:150cc
・グラニュー糖:45g
・ゼラチン:5g
【シロップ】
・水:150cc
・グラニュー糖:50g
・ラム酒:大さじ1
【苺ゼリー】
・苺:10個
・シロップ:70cc
・ゼラチン:3g
【キラキラゼリー】
・シロップ:110cc
・ゼラチン:2g
【飾り付け】
・苺:4個(1/2に切っておく)
・ミントの葉(お好みで)

境界線
作り方(所要時間所要時間約20分+冷やす時間)
まずパンナコッタを作ります。ゼラチンにお水少々を入れてふやかしておきます。
生クリームと牛乳、砂糖を鍋に入れ、中火にかけて温まってきたらゼラチンを入れて溶かします。
ゼラチンが溶けて少し冷ましてから一度漉してお好みの容器に入れて冷やします。

工程
シロップを作ります。水と砂糖を火にかけて沸騰させ、砂糖が溶けたら火を止めてラム酒を入れてください。 そのシロップから110ccを鍋にとって、お水少々でふやかしておいたキラキラゼリー用のゼラチンを溶かし、バットなどに流して冷やします。


工程
パンナコッタが固まったら、苺ゼリーを作ります。苺10個をフードプロセッサーなどでペーストにし、 残りのシロップ70ccを温めて、お水少々でふやかしておいた苺ゼリー用のゼラチンを溶かし、苺ペーストと混ぜ合わせます。 パンナコッタの上に注ぎいれ、余分な泡は取って冷やします。
工程
3を1~2時間ほど冷やしたら出来上がり。
飾り用の苺を乗せ、2のキラキラゼリーをヘラなどで刻んで苺の横に置き、ミントの葉を飾れば出来上がりです。





工程
境界線
このレシピの注目食材
甘酸っぱくて、見た目も真っ赤で可愛い苺は、子供も大人も大好きな果物。 苺は、ビタミンCの宝庫で、レモンよりも多くのビタミンCを含んでいます。
ビタミンCはコラーゲンを作る助けをしたり、シミやしわができるのも予防してくれます。 健康にも美容にも良いのでたくさんいただきたいですね。
ワンポイント
冷凍の苺でも構いません。苺のない時は、オレンジやグレープフルーツ、ブルーベリーなどお好みの果物でどうぞ。 パイナップルやマンゴー、キウイなど南国系のフルーツを使う場合はピューレにして沸騰させてからゼラチンを溶かしてくださいね。

境界線
フードコーディネーターKoppy(コッピー) フードコーディネーターKoppy(コッピー)
食にまつわる企画提案や、オリジナルレシピ開発、ホームパーティなどのおもてなしメニューのアドバイスなどを中心に活動中。自宅での料理教室は、若い女性に好評。美味しいだけではなく、栄養面や組み合わせなどで健康と美容に良いレシピ作りには定評があり、旬の野菜たっぷりのレシピは簡単なのに美味しくできると評判。
フードコーディネーター3級、パンシュルジュ3級
境界線