ライスフォース ビューティーインタビュー

ヘア&メイクアップアーティスト室岡 洋希さんに聞きました!

肌の奥で眠っている“美肌の源”が目覚める。ライスフォースはいつでも、ヘアメイクの味方をしてくれます。

トップヘア&メイクアップアーティスト室岡洋希さん Hiroki Murooka 人気女性誌のビューティー及びファッションページでヘア&メイクアップアーティストとして活躍、モデルから絶大な支持を受ける。アットコスメ公認ビューティスト、美的.comメークゼミ講師としても活躍。

肌荒れやトラブル…。モデルの肌だって皆さんと同じです。

モデルは生まれつき肌がキレイって思っている方が多いようですが、実はそれは違います。モデルだって、冬は乾燥のトラブルや肌荒れに悩むこともある。でも彼女達がすごいのは、美肌への意識がとても高いこと。皆、僕達のようなプロに肌トラブルやスキンケアの相談をして、毎日のお手入れに取り入れている。この美肌への意識の違いが肌の美しさの違いなんです。

メイクの仕上がりを決めるのは「素肌の力」。何事も土台が大事!

冬は、撮影スタジオの乾燥が厳しくなり、肌にとって最悪の環境。そんな中で、メイクの仕上がりを決めるのはやっぱり「素肌の力」。モデル自身が持つ「素肌の力」を立て直すために、僕はライスフォースを使っています。  乾燥に負けない強く美しい素肌づくりで僕が一番大切にしていることは、「ローション」「エッセンス」「クリーム」を使った基本の3ステップ。ローションを浸透させて美容成分の通り道を確保した後に、エッセンスの美容成分を肌の隅々にまで行き渡らせる。うるおいと美容成分を長時間閉じ込めるためには、もちろん最後はクリームのふたで仕上げます。冬は厳しい乾燥で肌が枯れてしまいがちだけど、ライスフォースの基本の3ステップなら、うるおいが連鎖して、冬肌の運命を変えることができます。

多くの女性の勘違い。「うるおい実感」だけでは美肌から遠ざかる!

ライスフォースは、ローションだけでも「うるおい実感」があるので注意が必要ですね(笑)。しかもその感覚が長時間続くから、 「エッセンス」「クリーム」のステップを「サボってもいい」って勘違いしてしまう。ローションはあくまでうるおいの確保。美容成分たっぷりのエッセンスと、守りの要のクリームの3つのステップを、丁寧にすればするほど結果が出るんです。 再認識して欲しいのは、ファンデーションの肌は使い捨てだけど「素肌の力」は一生もの。ライスフォースの3ステップでスキンケアすれば、肌は必ず応えてくれます。

季節のビューティーアドバイス うるおいと輝きを引き出す「冬の美肌ケア」ナビゲーション 詳しく見る

季節のマストアイテム

エッセンス ここがオススメ1

有効成分「ライスパワーNo.11エキス」をシリーズ最高濃度に配合。エキス特有の高浸透で肌にぐいぐい入り込み、水分保持能を改善。ハリと弾力を蘇らせます。

エッセンス ここがオススメ2

その強い効果を実感するのは、翌朝。改善された水分保持能で、一晩かけて肌をなめらかに。化粧ノリに差をつけます。

ディープモイスチュアエッセンス 30mL(薬用保湿美容液)医薬部外品

通常価格 10,000円(税抜)

数量