人気モデルがこっそり教える美肌の秘密… 「秋のうるおいアップ洗顔術」 少しずつ過ごしやすくなった反面、夏のダメージで肌が疲れている上に、季節の変わり目ならではの朝夕の気温差や湿度の急激な低下により、肌の乾燥やくすみ、ゴワつきなどのトラブルが表面化するのもこの時季。そんな時こそ、スキンケアを見直すチャンスです。

今回お話を伺った美容のプロは…

モデル

杏奈さん

海外での活動をはじめ、「Domani(小学館)」、「Precious(小学館)」を中心に、人気女性誌で活躍。その端正な顔立ちとキメ細かい美肌が注目され、最近では様々なメディアにも出演中。

Check It !

ついついこんなお手入れになっていませんか?

  • スキンケアの使用量がつい少なめになってしまう
  • くるくると念入りに、時間をかけてメイクオフ
  • クレンジングだけで洗顔はしない
  • 顔の上で泡立てながら洗顔
  • ゴシゴシとチカラいっぱいこすって汚れを落とす
  • すすぎのお湯の温度は高めでさっぱり
  • 洗顔の後に、すぐ化粧水をつけない
  • 化粧水からクリームまで、保湿ケアは1〜2分で完了

モデル直伝 これだけは押さえておきたい

うるおい美肌の土台をつくる「正しい洗顔」5ヵ条

01

少なすぎはNG “クレンジングは適量”が大切

メイクの濃さに合わせて使用量を調整しましょう。使用量が少ないと摩擦が大きくなり、肌を傷めてしまいます。

使用量が少なすぎる メイクの濃さに合わせて適量

“清潔な手でクレンジング”が鉄則です

手は想像以上に汚れています。クレンジングの前には必ず手を洗い、水気は清潔なタオルで、きちんとふきとっておきましょう。

02

“ていねいに手早く”を心がけて

時間をかけると汚れを肌に押し戻してしまう可能性も。また、力を入れてこするのも絶対NG。やさしくしっかり落とすためにはアイテム選びも重要です。

強い力でこするのはNG!! 指の腹を使うとGOOD!!

03

洗顔は泡が決め手 きめ細かな泡で洗いましょう

洗顔料の泡立てが不十分な場合は汚れをかき出す力が弱くなります。ふっくら濃密できめ細かい泡は、毛穴や肌の溝の汚れを吸着してくれます。

クリーミーできめ細かな泡が洗顔の決め手

04

すすぎは少し冷たいと感じるくらいが適温

肌に負担をかけないようにすすぎは30℃程度が適温。熱すぎると必要な油分まで奪ってしまうため、肌が乾燥しやすくなります。すすいだ後は、生え際やフェイスラインに泡が残っていないかチェック! 泡が残っていると肌荒れや吹き出物など肌トラブルにつながることも。

すすぎの適温30℃ NG ここもCHECK!

摩擦は美肌の大敵!やさしく、そっと…

清潔なタオルに、顔をそっと押し当てるように水気を吸い取ります。ゴシゴシとタオルを顔にこすりつけるのは絶対にやめましょう。

05

洗顔後は乾燥しやすい状態 すぐに保湿ケアが鉄則

肌表面は、食品用ラップフィルム1枚分の薄さと言われており、洗顔後は肌表面はもちろん内部から水分が蒸発し、一気に乾燥状態に。洗顔後はすぐに保湿ケアを心がけましょう。

肌表面がクリアな状態 水分が肌内部から蒸発

季節の変わり目こそ「洗顔ケア」をいつも以上に丁寧にしています。

常に美肌をキープすることが、モデルにとって「絶対条件」。でも、季節の変わり目は肌状態が不安定になりやすいので、スキンケアにはすごく気を使っています。この時期は、特に『洗顔ケア』が一番のポイントですね。夏ダメージが残って弱っている肌はゴワついて美容成分が浸透しづらい状態。そんな時は、刺激を与えず汚れを落として、美容成分が浸透しやすい肌に整えることが大切です。そして、洗顔後にしっかり保湿することで、美肌へと立て直しています。

クレンジングミルク(メイク落とし ミルクタイプ)120g

肌保護成分ライスパワーNo.2エキス 肌保護成分ミツロウ

肌に負担をかけずにメイクをオフするクレンジングミルク

肌保護成分・ライスパワーNo.2エキス、ミツロウ配合で、うるおいを保ちながら汚れをしっかり落とす『クレンジングミルク』。メイクなじみがよく、肌への摩擦を減らし、敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。

クレンジング力も抜群!ライスパワーNo.2エキス配合のクレンジングでメイクをオフ

しっとりとした洗い上がり感が大好き!

「ちょっと肌の調子が悪いかな」と思う時でも、安心して使えます。ミルククレンジングはしっとり、つっぱらないから大好きです。

マイルドフェイスウォッシュ(洗顔フォーム)120g

保湿成分ライスパワーNo.1エキス

きめ細かい泡でしっとり洗い上げる洗顔フォーム

保湿成分・ライスパワーNo.1エキス配合で肌にやさしい弱酸性アミノ酸系洗顔料『マイルドフェイスウォッシュ』。濃密でクリーミーな泡が、肌のうるおいを奪うことなく汚れをすっきり落とします。

洗顔後の肌の水分量を、水分チェッカーでチェック!140%うるおいアップ

濃密な泡を顔にまとうと気持ち良くてやみつきに!

ライスフォースの洗顔フォーム+洗顔ブラシで作ったふわふわの泡を顔にまとうと気持ち良い! 洗い上がりも、もちもちです。

洗顔後はすぐに保湿

これでパーフェクト!3ステップ保湿ケアのポイント

ローション、エッセンス、クリームの保湿ケアには、それぞれ「お手入れ完了サイン」があるんです。

保湿ケアのポイント

  • 適切な使用量は最低限使う
  • お手入れ完了サインまでじっくりハンドプレス
  • ひとつひとつの工程を丁寧に

お手入れ完了サインまでじっくりケアしましょう

  • 化粧水

    ディープモイスチュアローション

    適切な使用量 500円玉大

    ローションを手で包み込み、温めてから肌へ。ローションを温めると肌への浸透力がアップします。肌になじませたら顔全体を手で包み込むようにハンドプレスし、肌の奥までじっくり浸透させます。

    手にもっちりと肌が吸い付くようになったら完了のサインです。

  • 美容液

    ディープモイスチュアエッセンス

    適切な使用量 1〜2プッシュ

    こすらず・やさしく、指先でトントンと塗りこみます。顔全体になじませて、皮膚が薄い目元は指先でトントンと軽く、ほうれい線は表情筋をほぐすように軽くプッシュします。

    指で肌に触れ、すっと離れたら浸透完了のサインです。

  • クリーム

    ディープモイスチュアクリーム

    適切な使用量 やや大きめのあずき粒大

    手のひら全体で顔はもちろん、首やデコルテも。頬は手のひらで包み込むように、額とあごは同時にハンドプレスで密着させるようになじませます。

    手のひらがもっちりと吸い付き、すっと手が離れたら浸透完了のサインです。