季節のビューティーアドバイス 美肌ドクター直伝 夏老け知らずのうるおい&美肌処方

強烈な紫外線、冷房による冷えや乾燥など、夏の肌は体同様に過酷な環境にさらされています。そのため、夏の終盤になって一気にどんよりした「夏老け肌」になってしまうのです。そこで今回は、「夏老け肌」の原因から肌を守り、エイジレスな美肌へと導く「うるおい&美白処方」を、皮膚科医・有川順子先生に教えていただきました。ぜひ、実践してみてくださいね。

肌は真夏に5歳老ける!?

“夏老けサイン”を見逃さないで! 監修:皮膚科医 有川 順子先生

最近、鏡を見るたびに「なんだか顔色がどんよりしている」と感じることはありませんか?思い当たる節があれば要注意!それは「夏老け」し始めているサインです。夏老け肌に陥る原因から進行をストップさせる対策を探ってみましょう。

1つでも当てはまると要注意!

Let's Check “夏老け肌”危険度チェック

  • 冷房の効いた部屋にいる時間が長い
  • 海やプールに行く機会が多い
  • 洗顔はしっかりゴシゴシ洗っている
  • 冷たいものをよく食べる
  • 入浴はシャワーで済ませる
  • スキンケアは手を抜きがち
  • 暑さで寝付けない日が多い
  • 汗で落ちにくい化粧品を使っている

放っておくと

夏老け肌の症状

シワ 目尻、口元、額に線が刻まれ、やがてくっきりとしたシワに。 シミ 目元や頬の高い部分などに出現し、時間が経つにつれて濃いシミに変化。 くすみ 肌全体がどんより、ワントーン暗い印象に。 たるみ 肌にハリがなくなり、頬の皮膚が下がり気味に。

夏老け肌に陥る4つの原因

原因1 汗・皮脂 汗・皮脂の誤ったケアでインナードライが進行。
肌のベタつきが気になるからといってあぶらとり紙を頻繁に使ったり、ゴシゴシ洗顔をすると肌内部がカラカラに乾燥し、インナードライ状態に。さらに進行すると、たるみ、毛穴の開きなどの原因にも。
原因2 冷え 冷房による冷えや乾燥でくすみ・ゴワつきが加速。
冷房に長時間当たっていると肌の乾燥に加え、体も冷えてしまいます。体が冷えると新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れ、くすみやゴワつきの原因になります。

これで解決

うるおい処方

肌内部のすみずみまでうるおいで満たし、インナードライ肌を解消!

詳しいお手入れ方法はこちら

汗や皮脂で肌表面がベタベタしていても、実は紫外線ダメージや冷房による乾燥などで肌内部がカラカラに乾燥した「インナードライ」に陥っています。そして、肌の生まれ変わり「ターンオーバー」が乱れ、くすみやゴワつきなどのトラブルが発生します。夏でも保湿ケアを怠らず、肌が疲れているなと感じる時は「いつもより多め」の量でお手入れしましょう。

原因3 紫外線 強烈な紫外線ダメージでシミ・そばかすが発生
真夏の強烈な紫外線が肌の奥まで届き、自己防衛のためにメラニン色素が過剰に生成され、シミやそばかすの原因になってしまいます。

これで解決

美肌処方

肌にシミを定着させないために予防美白を毎日継続!

詳しいお手入れ方法はこちら

シミの元はメラニン色素の蓄積

紫外線を浴びると過剰にメラニン色素が生成され、肌に沈着することでシミとなります。まずはシミを作らせない「予防の美白ケア」が大切。シミの元となるメラニン色素の排出を促すために、保湿ケアでターンオーバーを正常化した上で、美白美容液で浴びてしまった紫外線ダメージをリセットし、シミの沈着を防ぎましょう。

原因4 生活習慣 睡眠不足、食欲不振で肌が荒れ、くすみがちに。
蒸し暑い夜は寝苦しく、睡眠不足で肌のターンオーバーが乱れ、肌荒れを引き起こすことも。また、食欲が落ちると美肌に欠かせないビタミンやミネラルが不足してツヤがなく、くすんだ印象の肌に。

これで解決

さらに+α

質のよい食生活や入浴、睡眠で美肌を手に入れる

食事

赤ピーマン、キウイフルーツなどビタミンCを豊富に含んだ食材は美白に有効といわれています。さらに、タンパク質と一緒に摂ると効果的です。

ビタミンC+タンパク質=美肌効果UP!!

入浴・睡眠

美肌づくりには、質の良い睡眠も欠かせません。入浴時はゆっくり湯船につかって体を温めることで自律神経が整い、良い睡眠がとれるとされています。

キャンペーンは終了しました。

『ハリ・ツヤ・透明感』を叶える真夏のスキンケアステップ

Step1 うるおいを与えて柔軟に整える

使用量:3〜5ふり

手のひらでローションを温めてから顔全体に。丁寧にハンドプレスしながら、じっくり浸透させましょう。

ディープモイスチュアローション

商品詳細

Step2 さらにうるおいを高める

使用量:1〜2プッシュ

顔全体になじませた後、シワやたるみなど気になるところに重ねづけを。こすらず指先でトントンと軽く塗りましょう。

目元の小ジワ 口元のほうれい線 部分ケアシートをローションで軽く湿らせた後、エッセンスを1〜2プッシュなじませます。乾燥ダメージの気になる目元・口元には4〜5分ほどパックします。

ディープモイスチュアエッセンス 乾燥ダメージを修復してハリのあるエイジレス美肌へ

「ライスパワーNo.11エキス」をシリーズ最高濃度で配合。特にダメージを受けやすい目元・口元の集中ケアにおすすめです。

有効成分 ライスパワーNo.11エキス高配合

商品詳細

Step3 シミの沈着を防ぐ

使用量:適量

肌全体にのばし、ハンドプレスでしっかり浸透させましょう。シミが発生しやすい部分には重ねづけを。

小さく切った部分ケアシートをローションで湿らせてから美白美容液を塗布。シミが気になる部分に貼って集中ケア!

ホワイトニングクリアエッセンス シミ・くすみの原因に働きかけ、くもりのない白美肌へ

活性酸素の発生を抑制する「ライスパワーNo.23エキス」と、メラニン色素の生成を抑制する「持続性ビタミンC誘導体」を配合。この夏は、ホワイトニングクリアエッセンスで夏老け肌を吹き飛ばし、くもりのない理想の白美肌を手に入れましょう。

肌整成分 ライスパワーNo.23エキス 美白有効成分 持続性ビタミンC誘導体

商品詳細

Step4 うるおいをしっかり閉じ込める

使用量:あずき粒大

最後は適量のクリームを顔全体に塗布。うるおいのフタをして、肌内部に与えた美肌成分を閉じ込めます。

ディープモイスチュアクリーム

商品詳細

キャンペーンは終了しました。

  • ※20%OFF価格は、通常申込番号では適用されません。
  • ※セットでご注文の際は、上記「カートに入れる」ボタンよりお申し込みください。
  • ※プレゼントは、上記特別セットのみ対象となります。期間中、お一人様1回限り。
  • ※定期便・まとめ買い割引は対象外です。