季節のビューティーアドバイス

冬のシワ・くすみを制して叶える見た目年齢-5歳肌養成講座

誰でも、実年齢よりは若く見られたいものですよね。でも、乾燥や寒さの厳しい冬は、逆に見た目を老けさせてしまうトラブルが起こりがちな季節。そこで今号では、見た目年齢をグッと若くする、冬の肌ケアをご案内します!

実証!シワ・くすみがあるだけでこんなに老けて見える!
元の顔 トラブルもなく、透明感のある美しい肌で若々しい印象です。
CG加工でシワとくすみを追加 シワやくすみがあるだけでグッと老けた印象になります。

原因をCheck 冬に肌は老化する!?冬の2大トラブルシワ・くすみとは?

冬まっただ中のこの時季、顔がちょっと老けたように見える……その原因となるのが冬にこそ起こりやすいシワやくすみといったトラブルです。まずはトラブルが起きてしまう原因をチェックしましょう。

シワはこうしてできる!

空気が乾いている冬は、肌からどんどん水分を奪い、肌を硬く、乾燥させます。さらに寒さによって血管が収縮し血流が滞ると、肌は慢性的な栄養不足に。

肌にも同じことが起こっています
乾燥した肌にはシワが刻まれやすい!乾いた紙は、折ると折り目がくっきり。反対に濡らした紙は柔らかくなり、折り目は目立ちません。肌も同じで、うるおっている肌ならシワも定着しないのです。

うるおい不足の肌は、ちょっとの表情の動きでもシワが定着してしまいやすい状態。血行不良も重なると、さらに肌がシワを跳ね返す力も弱まるため、よりシワが深刻化しやすいのです。

シワを刻みこまないためには?

くすみはこうしてできる!

寒さによる血行不良やうるおい不足が原因となり、スムーズなターンオーバー(肌の生まれ変わり)が行われなくなります。すると、本来であれば剥がれ落ちるはずの不要な角質が、肌表面に溜まってしまうことに。

肌にも同じことが起こっています
肌表面の不要な角質が肌をくすませる あぶら取り紙1枚だと、透け感もあり、にごりがありません。何枚も重ねると…重なった部分は色が濃くなります。くすみと同じですね。

肌表面の古い角質は、光の透過を邪魔するだけではなく、肌内部へのうるおいの浸透も妨げます。うるおい不足の肌はターンオーバーがさらに乱れ、くすみが加速……!負のサイクルにはまってしまいます。

くすんだどんより顔には?

▲ページトップヘ