Rice Force Cooking 食べて美しく

今年のバレンタインは市販のお菓子で“簡単豪華なアレンジチョコ”

今年のバレンタインは市販のお菓子で“簡単豪華なアレンジチョコ”

市販のお菓子をベースに贈り物レベルのバレンタインチョコへアレンジします♪

バレンタインチョコ、毎年同じもいいけれど、市販のお菓子をベースにしたら、いつもより新鮮なアレンジスイーツができちゃいました。 手作りだけど、市販のお菓子がベースだから、時間も短縮できるし、失敗の心配もありません。
それに、飾りつけ次第で、キュートにも大人っぽくも仕上げられるので、本命用、友達用、パパ用などと、応用範囲も広いのも魅力的。 お子さんでも作れる簡単さですので、今年のバレンタインは、意外な美味しさのアレンジチョコを楽しんでみてくださいね♪

作りやすい分量
材料写真

材料

≪チョコバウム≫
市販のミニバウムクーヘン
2個
コーティング用チョコ
約40g
お好みの飾り(ナッツやアラザンなど)

≪チョコクッキーサンド≫
お好みのクッキー
10枚
マシュマロ
5個程度
コーティング用チョコ
約40g
お好みの飾り(ナッツやアラザンなど)

≪シリアルタルト≫
市販のタルトケース
12個
フルーツグラノーラ
50g
板チョコ
約50g
生クリーム
20g
お好みの飾り(ナッツやアラザンなど)

≪チョコバウム≫

バウムを仕上げたい大きさに切ります。(丸ごとでも半分でも1/8のひと口サイズでも)
バウムを仕上げたい大きさに切ります。(丸ごとでもひと口サイズにカットしてもOK)
溶かしたチョコを、大きいサイズに作る場合は、上からとろ~りとなるように塗り、一口サイズは、全体にチョコをつけます。好みの飾りつけをして完成です。
溶かしたチョコを、大きいサイズに作る場合は、上からとろ~りとなるように塗り、一口サイズは、全体にチョコをつけます。好みの飾りつけをして完成です。
チョコバウム
チョコバウム

≪チョコクッキーサンド≫

クッキーに、適当なサイズに切ったマシュマロを乗せて、10秒ほどレンジにかけます。(マシュマロがぷっくり膨らんだら溶けた合図です)
クッキーに、適当なサイズに切ったマシュマロを乗せて、10秒ほどレンジに。(マシュマロがぷっくり膨らんだら溶けた合図です)
マシュマロをサンドするようにもう1枚のクッキーを乗せて少し押してサンドします。溶かしたチョコを塗り、好みの飾りつけをして完成です。チョコペンで文字などを描いてもかわいい。
マシュマロをサンドするようにもう1枚のクッキーを乗せて少し押してサンドします。溶かしたチョコを塗り、飾りつけはお好みで。チョコペンで文字を書いても♪
チョコクッキーサンド
チョコクッキーサンド

≪シリアルタルト≫

生クリームをレンジで温め、割った板チョコを入れて溶かします。
生クリームをレンジで温め、割った板チョコを入れて溶かします。
1にグラノーラを入れて混ぜ、タルト型にこんもりと盛り付け、好みの飾りつけをして完成です。高さを出して飾ると豪華に仕上がりますよ。
1にグラノーラを入れて混ぜ、タルト型にこんもりと盛り付け、好みの飾りつけをして完成です。高さを出して飾ると豪華に仕上がりますよ。
シリアルタルト
シリアルタルト
知って楽しいクッキングメモ

1.キュートor大人っぽくキュートor大人っぽく

上に乗せるトッピングは、作りたい雰囲気に合わせて。 カラフルでポップなトッピングは、キュートな仕上がりに、バレンタインなので、ハート形のものを選べば、すぐにそれっぽく仕上がります。 大人っぽく、高級感のある仕上がりにしたい場合は、ナッツやドライフルーツなど、天然の素材を選びましょう。

2.シリコンのはけがあると便利シリコンのはけがあると便利

お菓子の上にチョコを塗るときに、シリコンのはけがあると便利です。 そのままチョコをかけたり、つけたりするよりも、ほどよい分量で塗ることができますので、無駄もないし、少しずつ様子をみながら塗ることができるので失敗も少なくなります。 百円ショップなどにもあるので探してみてくださいね。

Photo/Tetsuo Kitagawa