おいしくキレイに♪ライスフォース美肌レシピ

旬の素材を使って、おいしくキレイになれる美肌レシピをご紹介します。

今月のお料理

モロッコ生まれのさわやかな万能調味料

レモン塩

レモンと塩だけで作れる爽やかな調味料です。タジン蒸しとして、肉や野菜と一緒に蒸せば、レモンの爽やかな風味と酸味、ほんのりした苦みでさっぱり美味しい調味料に。
刻んだりペーストにしてドレッシングなどに使用しても美味しくいただけます。
手軽に作れて、真夏の食欲が落ちる季節にはピッタリの調味料です。
今月の美肌ポイント

レモンはビタミンCを豊富に含み、風邪などの予防やしみそばかすなどへの美白効果にもぴったり。
また、肝臓にも良く、二日酔いなどにもレモンのビタミンCは効果的なのだとか。
クエン酸も豊富に含みますので、疲労回復効果も。特に夏には取り入れたい果物ですね。

材料

材料写真
  1. (レモン4個分)
  2. ・レモン:4個
  3. ・塩:レモン重量の10%
  4. ※レモンは無農薬か低農薬のものを


  5. 【レモン塩を使ったレシピ】
  6. <鶏とレモン塩のタジン蒸し(2人分)>
  7. タジン蒸し
    鳥もも肉1枚にレモン塩(レモン2切れ、液体大さじ1.5)、白ワイン大さじ3、オリーブオイル大さじ1を10分漬け込み、鶏を両面こんがり焼いたら、お好みの野菜とつけ汁、ニンニク少々、クミン、お好みのハーブ少々をシリコン容器かタジン鍋、小さい土鍋などで10分程度蒸して出来上がり。
    塩レモンもとろりとして美味しいのでお肉と一緒にお召し上がりください。

  8. <ドレッシングに>
  9. 塩レモンを刻んでヨーグルトと混ぜるだけで塩レモンヨーグルトドレッシングに。 普通のドレッシングやお好みの配合でドレッシングに加えてください。
    また、刻んだ塩レモンはそのままでも調味料としてなんにでも合いますよ♪

作り方

(所要時間:約10分)

作り方その1
1.レモンを塩で洗います。(汚れと農薬なども落ちます)
作り方その2
2.レモンを1/8の櫛形に切り、取りやすい種は取り除きます。
作り方その3
3.バットやボールで分量の塩と混ぜ、殺菌しておいた容器にレモンを入れます。
作り方その4
4.レモンは1日2回ぐらい振ります。2~3日しても水分が少ないようならレモン汁を追加します。
1週間ぐらいで出来上がり。
ワンポイント

レモンは皮ごと食べるので、無農薬か低農薬のものを選んでくださいね。農薬などが気になる際は、塩でもみ洗いしたり、50度のお湯で洗うと良いでしょう。
気温が高い時季は冷蔵庫で保存を。
フードプロセッサーでペーストにしてもOK。

レシピ制作・監修 フードコーディネーターKoppy(コッピー)

お料理を軸に、毎日の生活がちょっと楽しく、おしゃれに! 美味しいだけではなく簡単で、かつ健康と美容に良いレシピ作りを心掛けています。 自宅料理教室では、季節に応じた洋菓子や和菓子を教えており、女性に人気のレッスンとなっています。 現在は、お菓子作り好きが高じて、ケーキ屋さんでパティシエをしております。
フードコーディネーター3級、パンシュルジュ3級
【ブログ】 http://ameblo.jp/koppycooking/