おいしくキレイに♪ライスフォース美肌レシピ

旬の素材を使って、おいしくキレイになれる美肌レシピをご紹介します。

今月のお料理

電子レンジで作れちゃうんです!?

『桜餅』

春の和菓子の代表格「桜餅」。
関西風の道明寺を使った桜餅を電子レンジで 手軽に作ってみませんか?
和菓子がおうちでサッと作れてしまうなんて。ちょっとうれしくなりますよ。
定番和菓子なら、どなたに差し上げても喜ばれることも間違いなしです。
今月の美肌ポイント

バターや卵、クリームなどを使わない和菓子は、その分カロリーも低めに収まるのでヘルシー。
見た目の美しさからも最近人気が高まっています。
季節感や意味を大切にする和菓子、味だけでなく心や頭でもで味わえるところが知的美人度をアップさせてくれそうで素敵ですね。

材料

材料写真
  1. (10個分)
  2. ・道明寺粉:80g
  3. ・水:200ml
  4. ・砂糖:50g
  5. ・こしあん:150g
  6. ・着色料(赤):適宜
  7. ・桜の葉の塩漬け:10枚
  8. 【手蜜】
  9. ・砂糖:15g
  10. ・水:30ml

作り方

(所要時間:約60分)

作り方その1
1.道明寺粉を電子レンジOKのボールに入れて水を注ぎぐるぐると道明寺粉が膨らんでくるまでかき混ぜます。そのまま30分程度置いて吸水させます。 手蜜の材料(砂糖と水)を耐熱容器に入れてチンして砂糖を溶かしておきます。手蜜は仕上げる際に手に道明寺がくっつかないように手につけるために使います。
作り方その2
2.1に砂糖を混ぜ、赤の着色料でピンク色にしたら、 ラップをせずに電子レンジ(500w)で5分→混ぜる→3分→混ぜる→3分→混ぜるをして、濡れ布巾をかぶせて触れる温度になるまで冷まします。
作り方その3
3.こしあんを10等分して丸めておきます。桜の葉の塩漬けは5分位水に浸けて塩抜きした後、水けをふきとっておきます。葉は乾燥しやすいので湿ったキッチンペーパーに挟んでおきましょう。
作り方その4
4.2を10等分して、手に手蜜をつけながら丸めてこしあんを包み、桜の葉で巻いたら出来上がりです。※桜の葉は葉脈が目立つほうが表になるように使います。
ワンポイント

桜の葉は上からかぶせるほうが長めになるようなバランスにすると美しく見えます。
塩抜き加減はお好みで調整してくださいね。道明寺粉、桜の葉は、製菓材料店などで売られています。
こしあんもなるべく良いものを使うと美味しさがワンランクアップしますよ。 すぐ食べない場合は冷蔵庫に入れてOKです。

レシピ制作・監修 フードコーディネーターKoppy(コッピー)

お料理を軸に、毎日の生活がちょっと楽しく、おしゃれに! 食にまつわる企画提案や原稿作成、オリジナルレシピ開発、自宅料理教室などを中心に活動中。 美味しいだけではなく簡単で、かつ健康と美容に良いレシピ作りを心掛けています。 自宅料理教室では、季節に応じた洋菓子や和菓子を教えており、女性に人気のレッスンとなっています。
フードコーディネーター3級、パンシュルジュ3級
【ブログ】 http://ameblo.jp/koppycooking/