belta piu+ あなたの美しさを満たしていく“belta piu+”をお届けしていきます

うるおいたいのは肌だけじゃない!印象を変える“うる瞳”のつくり方

「瞳」がキラキラ輝いていると、表情が豊かになり、明るい印象を与えてくれます。
しかし、パソコンやスマートフォンの使いすぎなどからくる目の疲れやドライアイによって、瞳の輝きが失われていませんか?さらに疲れ目はクマやシワなど、目の周りに深刻な肌トラブルを起こすことも。
そこで今回は、眼科医の鎌田絵里子先生に、輝くような“うる瞳”のつくり方を教えていただきました。


鎌田絵里子先生
日本眼科学会認定専門医、日本抗加齢医学会専門医、視覚障害者用装具適合判定医師、日本緑内障学会会員、ドライアイ研究会会員。2004年東京慈恵会医科大学卒業。同大学付属柏病院などに勤務。現在は世田谷区の「上野毛眼科」にて、一人ひとりに合った専門的かつ丁寧な診察、分かりやすい説明で地域の眼科医療に貢献している。
上野毛眼科:http://www.kaminoge-ganka.com/

読者限定プレゼント
  • 疲れ目による目元のトラブル
  • うる瞳復活!ホットタオルケア
  • 瞳が輝く!美眼ツボ押しケア

いつもの生活習慣が原因!?疲れ目による目元のトラブル

普段の何気ない行動が、知らないうちに目にダメージを与えている場合があります。目が疲れると、目元の血行不良や筋肉のコリ、涙の減少を引き起こし、トラブルにつながることも。原因を知り、目にやさしい環境をつくりましょう。

疲れ目の原因→血行不良・眼筋のコリ・涙の減少→疲れ目が引き起こす目元トラブル
パソコン・スマホ

画面を長時間見続けると、まばたきの回数が減少。目の表面が乾燥して、疲れ目を引き起こします。

視力

視力が悪いのに裸眼で生活したり、度数の合わないメガネやコンタクトを使い続けると、目に負担がかかります。

睡眠不足・ストレス

睡眠不足や過度なストレスにより体が疲弊し、その疲れのサインが目から表れることも。

食べ物

目の健康を維持するビタミンB群やビタミンAが不足すると、目が疲れやすくなることも。

クマ・くすみ

目元の血行が悪くなると、血液中の色素が赤黒く見え、それが目元の薄い皮膚の下から透けて、クマとして現れやすくなります。さらに目の周りがワントーンくすんでしまう原因にも。

シワ

長時間画面を見続けることで眼筋が凝り固まり、表情ジワになってしまうことも!

ドライアイ

まばたきの減少などで目の表面を覆っている涙の量が減少したり、質が不安定になると、目の細胞を傷つけてしまう恐れがあります。


疲れ目は、その他にも、部屋の明るさや作業距離、エアコンなどによる乾燥など、様々な環境が原因となるケースもあります。なかなか症状が改善しない場合には、一度眼科を受診いただくと安心ですね。


温めて目元の血行促進 うる瞳復活!ホットタオルケア

目元の血行不良が、疲れ目の大きな原因です。
ホットタオルケアで目元を血流を良くして、疲れた瞳を癒す方法をご紹介します。

冷めにくい!ホットタオルのつくり方
1. 厚手のタオルを2枚用意する

おしぼりや薄手のフェイスタオルでは、すぐに熱が冷めてしまいます。しっかりした厚みのあるタオルを使いましょう。

折りたたみ方
ロールケーキの形につくると温度にムラが出ません。タオルを縦半分に折って、真ん中でふたつ折りにして巻きましょう。
2.タオルを濡らして温める

タオルを十分に水に濡らしたら、しっかり絞って温めます。先に温めたタオルを適温用、次に温めたタオルを保温用にします。

電子レンジで
レンジやタオルの厚みによって変わってきますが、700Wで1~2分温めます。高温になるのでやけどに十分注意してください。
お湯で
42℃程度のお湯で濡らして、絞ってすぐに出来上がります。冷めたらまたお湯につけて温めましょう。
適温タオルを顔にあて、その上に熱めの保温用タオルを載せます

温めた1枚目のタオルを広げて冷まして適温にします。2枚目のタオルはやけどしない程度に冷まして、顔に乗せた1枚目のタオルの上からかぶせると温かさが長持ちします。


追加でトライ!プラスαでさらに効果アップ!
血液サラサラに

冷蔵庫で冷やしたタオルを用意しておき、ホットタオルと交互にあてると、さらに血行が促進されて◎です。

体温を調整する

顔だけではなく、首や肩もホットタオルで温めると、肩周りの血流も良くなり、リラックス効果も高まります。


目が炎症をおこしていたり、充血している場合は、温めることにより余計に症状が強くなってしまうため、冷やす方がよいこともあります。ご自身の状況に合わせたケアを行いましょう。


コリをほぐしてうる瞳 瞳が輝く!美眼ツボ押しケア

ツボ押しケアで目元の筋肉をほぐして、疲れた瞳に輝きを取り戻す方法をご紹介します。見る人が思わず吸い込まれるような、うる瞳を目指しましょう!

即効性アリ!美顔ツボ押しケア

目頭のやや上にあるツボ。お疲れ瞳を即効で回復してくれるだけでなく、頭痛や目の痛みをやわらげてくれます。

指の腹を使って3~5秒ほど時間をかけて、優しくゆっくりと押しましょう。体の力を抜いて、「ゆっくりと押してゆるめる」を3~5回ほど行うとよいでしょう。

目頭と鼻の付け根にあるツボ。近視やドライアイなどの眼病に作用し、「眼医者いらず」のツボと呼ばれているそう。

目尻の外側の骨の窪みにあるツボ。目の充血やクマを軽減させ、瞳をさらに美しく見せてくれます。


追加でトライ!プラスαでさらに効果アップ!
こめかみのツボをプッシュ

こめかみにある太陽(たいよう)というツボは、目の周りや頭もスッキリとする上、老眼予防にもいいのだとか。

首の後ろのツボをプッシュ

後頭部の髪の生え際にある風地(ふうち)というこのツボは、視力回復や肩こりの改善も期待されます。


毎日の生活に取り入れやすいツボ押しは、目が疲れたな、と感じたときに行ってみるといいですね。気持ちがいいと感じる範囲で、眼球をおさえつけないように気を付けて行ってみましょう。


ずっとうるうるでいたいから…うる瞳のためにできること

うる瞳でいるためには、目にいい環境を保つことが大切です。日々の生活習慣を少し見直してみると、美しいうる瞳をキープすることができるはずです。

目を使いすぎない

パソコンなどで長時間作業を行った後には、必ず休憩をはさんで目の筋肉を休めましょう。休憩中にスマートフォンを触ると目が休まりません。遠くをボーッと見る、目を閉じるなどして目をいたわってあげましょう。


目を乾燥させない

目の乾燥を防ぐには、目薬が効果的です。最近では様々な治療薬が開発されているので、眼科専門医に相談するとよいでしょう。また、意識してまばたききの回数を増やすのも有効です。


目にいいものを食べる

栄養バランスのいい食事をするのはもちろんのこと、ビタミン、ミネラルが豊富な緑黄色野菜や果物、コラーゲンを多く含んだ食べ物を積極的に取り入れましょう。



鎌田先生からのメッセージ

毎日の生活で目を酷使している私たちにとって、目の疲れの改善は大きな課題です。
しかし、生活の中で少し意識するだけで、疲れ目のケアはもちろん、みずみずしく美しい“うる瞳”をつくることができるのです。
顔のお手入れを同じように、目のケアにも気を配ってみてくださいね。

また、疲れ目がなかなか改善しなかったり、だんだん症状がひどくなる場合は、他の病気が隠れていることも考えられます。
そういう場合には、「たかが疲れ目」と考えずに、きちんと眼科を受診するようにしましょう。


リラックスアイピローを10名様にプレゼント!