belta piu+ あなたの美しさを満たしていく“belta piu+”をお届けしていきます

冬のキレイは入浴タイムでつくる 湯上り美人の入浴法Lesson

体の芯から冷えを感じる季節。この時季は湯船につかるお風呂の時間が楽しみな方も多いはず。その入浴タイムを、「気持ちいい」だけではなく「キレイ」になるために最大限活用してみませんか?
今回は、モデルの前田ゆかさんに、もっとキレイになるための入浴方法、お風呂でできる美容法やエクササイズを教えていただきました。


前田 ゆかさん
1970年熊本生まれ。「STORY」「美ST」他、多くの女性誌で活躍中。プライベートでは2児の母であり、そのライフスタイルに女性からも多くの支持を集めている。
著書「スーパーで毎日買う食材だけで美人になる!(二見書房)」も好評発売中。
前田ゆかオフィシャルブログ:「MaedaYuka BeautyDiary

応募は終了しました
  • 湯船につかる3つのメリット
  • 「温」「健」「美」にうれしい入浴法
  • 湯船で簡単!エクササイズ

湯船につかる3つのメリット

毎日の入浴タイムをシャワーだけで済ませるなんてもったいない!湯船につかると気持ちがいいだけではなく、たくさんのメリットがあるのをご存知ですか?湯船につかる入浴を習慣にしてより健康で美しい体を手に入れましょう。

メリット1:体が温まって疲労・冷えが回復する

お湯につかると体が芯から温まり、血行を促進して新陳代謝もアップ。老廃物を排出したり、体のコリをほぐして、自律神経のコントロールもうまくできるようになります。

メリット2:浮力で体がリラックスする

湯船につかると浮力の影響で、体重が約9分の1程度になるため、筋肉や関節の負担が軽減されて心も体もとてもリラックスします。

メリット3:水圧で体の血行が良くなる

湯船につかった時に受ける水圧によって、手足に溜まった血流が心臓に押し戻され、血液の循環やリンパの流れを促進します。また、上半身にかかる水圧が横隔膜を押し上げて呼吸の回数を増やしてくれるので、心肺機能も高まります。


TIPS まだまだある!湯船につかるメリット

体の緊張がほぐれることで自律神経が穏やかに整い、ぐっすりと眠れます。

熱めのお湯にさっとつかると、心も体もシャキッとします。ここぞという時に朝風呂がおすすめです。

むくみが気になる時は、湯船に深くつかって水圧を高めるとさらに血行が良くなります。


湯船につかる3つのメリットが分かると、今までは「シャワーでいいかな」と思っていても、「今日から湯船につかってみようかな」と思えませんか?少し面倒でも、湯船につかると「やっぱりよかった!」と必ず思えますよ!


「温」「健」「美」にうれしい入浴法

美容にも健康にもいい入浴。でも、どういう入浴法がいいの?肩までつかる?半身浴?目的別のおすすめ入浴法をご紹介します。

体の芯から温まって、冷えを解消!
1.41~42℃のお湯に肩まで10分つかる

やや熱めのお湯に肩までしっかりつかります。つかる時間は10分程度でOKです。体の表面だけでなく芯から温めて血行を促進させることで、冷えが解消できます。

2.「もう出たい」と思ったらすぐ出る

長湯しすぎると体への負担が大きくなってしまいます。10分程度で体はしっかり温まっているので、「もう出たいな」と思ったら無理せず湯船から出ましょう。


新陳代謝をアップして健やかな体づくり!
1.45℃前後のお湯におへそまで10分つかる

熱めのお湯におへそまでつかります。お湯が多い場合は、バスチェアなどを湯船に入れて腰かけるのもいいでしょう。

2.内臓や骨盤を温めて代謝をアップ

高い温度で腰回りを温めることで、短時間で新陳代謝を活発にします。汗をかきすぎたらお湯の温度を下げましょう。


ぬるま湯でじっくり!?美肌づくりの秘密技
1.38~40℃のお湯にみぞおちまで20分つかる

ぬるめのお湯にみぞおちまでつかります。この水量だと水圧が少ないため長時間湯船につかることができます。20分以上を目安にじっくりと汗をかき、老廃物を排出しましょう。

2.上半身を冷やさないようにする

半身しかお湯につかっていないので、上半身に乾いたバスタオルなどを羽織って冷やさないことがコツ。常温の水を少しずつ飲むと発汗作用が高まります。


短時間でしっかり体を温めたり、時間をかけてじっくり美肌を育んだり、目的やその時々の気分、シチュエーションに合わせて、いろんな入浴法を試してみてくださいね。


湯船で簡単!エクササイズ

お湯につかるだけでもたくさんのメリットがありますが、ここではさらに欲張って、入浴中のシェイプアップ効果を最大限高めるエクササイズをご紹介します。

二の腕
1
ひざを少し曲げて座り、指が前を向くようにしてお尻の少し後ろに両手を付き、上半身を支える。
2
腕を曲げ伸ばししてお尻を上げ下げする。

ゆっくりとした動作で、
反動をつけずに行うのが◎。


お腹まわり
1
座った状態で両腕をバスタブのふちにかける。
2
両ひざを胸元に引き寄せ、お腹と太ももが90度になった角度で20秒キープ。

慣れてきたらキープの姿勢からひざを伸ばしてV字にトライしてみて。


太もも・足首
1
正座をし、指が後ろを向くようにお尻の少し後ろに両手を付き、足首が伸びるよう両ひざを持ち上げる姿勢を20秒キープ。
1
1の状態からお尻を上げて腰を反らし、太ももを伸ばす。20秒キープ。

腰に負担がかからないよう、
無理をしないことが大切です。


湯船の浮力を活用すると足腰に負担をかけずにエクササイズができます。また、入浴で代謝が高まっている中でのエクササイズは効果バツグン!汗もかいて、一石二鳥ですよ。

入浴時に注意すること

女性のキレイにとっていいことづくめの入浴ですが、実は注意してほしい点もあります。知っているのと知らないのとでは大違い!あなたもこれらの習慣がないかチェックしてみましょう。

シャワーを顔に当てて洗い流すと、たるみ・肌荒れの原因に

シャワーで顔を洗うと、水圧でマッサージ効果がありそうだし、すぐにすすげて一石二鳥だと思っていませんか?シャワーを顔に直接当てると、その刺激が乾燥やたるみの原因になると言われています。洗顔はぬるめのお湯で両手ですくって十分にすすぎましょう。

食後すぐの入浴は消化不良に

食事をした直後の入浴は、血行が良くなることで胃や腸の消化活動を妨げてしまうため、消化不良の原因に。食事をした後は30分以上時間をおいて入浴してください。


熱いお湯での長湯は肌が乾燥します

高温のお湯に長時間つかっていると、その刺激で肌が乾燥してしまいます。高温のお湯につかるなら短時間で、長湯をするならゆるめのお湯につかるようにしましょう。

体を完全に拭いた後のボディミルクは効果減

お風呂上がりの肌は、体から汗と水分が蒸発して瞬く間に乾燥してしまいます。肌に水分が少し残っている状態でボディミルクなどでケアすると、肌に浸透しやすい上に、乾燥も防ぐことができます。



私にとって入浴タイムはリラックスできる時間。1時間以上お風呂に入ることもあります。汗をかいて、今日の疲れは今日のうちに全部洗い流すことで明日への活力が湧いてきます。
そして、私のモットーは「8割頑張って2割は休憩。ストイックになり過ぎないこと」。もちろん美容に関しても同様です。「今日は疲れたな」と思ったら無理をしないこと、これが大切です。でも、お風呂だけはちょっと無理してでも入ってもらいたいな、と思います。そのほうが絶対に気持ちがいいしキレイになりますから!


募集は終了しました