季節のビューティーアドバイス

うるおい ツヤ 透明感 プロのヘアメイクが直伝! “うるツヤ”ベースメイクレッスン

ナビゲーター ヘア&メイクアップアーティストChisaさん ヘアメイク森ユキオ氏に師事。2012年独立。ROI所属。ナチュラルからコンサバ、ギャルメイクまで幅広く得意とし、独自の素肌づくりに定評がある。セレブリティからの指名も多く、ファッション誌や広告など多岐にわたり活躍中。

春まっさかり。この時季は、春の日差しを味方につけて輝く、うるツヤ美肌で過ごしたいですね。それに、化粧くずれ知らずで過ごせたら春のお出かけがもっと楽しくなります。そんな欲ばりな願いを叶える秘訣はベースメイク。今月は、ツヤ・透明感あふれる肌に仕上げるベースメイク方法や、化粧もちをアップさせるマル秘テクニックを、独自の素肌づくりで指名が殺到している人気のヘアメイクChisaさんに教えていただきました。

キャンペーンは終了しました。

Lesson1 うるおいを仕込むスキンケア

肌の質感、メイクの仕上がり、化粧もちを左右するうるおいあふれる素肌づくり

肌の内側からあふれだすようなツヤや透明感を演出するには、ベースメイク前のスキンケアが大切です。
肌の表面だけでなく、内部までうるおいで満たすことで、みずみずしくツヤのある土台が完成。
肌の質感が変わって、メイクの仕上がりはもちろん、メイクのもちもアップしますよ。

ハンドプレスしながら、しっかり浸透させます。肌がもっちりしてきて、頬に手のひらが吸い付いたらOK!

目元、口元など乾燥による化粧くずれが気になる部分は、エッセンスを重ねづけしてうるおいをしっかり補給します。

補給したうるおいを閉じ込めるために、クリームを顔全体に丁寧にのばしてハンドプレスします。

UVプロテクトミルクを、顔の内側から外側に向かって丁寧に塗りましょう。仕上げに、軽くティッシュオフすると化粧くずれを防ぎます!

Lesson2 高保湿ファンデーションと微粒子パウダーでツヤ&透明感アップ!

Step1 「混ぜテク」で“自分色”をつくるとよりナチュラルな仕上がりに これぞプロのテクニック!

ナチュラルで若々しい肌に仕上げるために、自分の肌色にぴったりの“自分色”をつくりましょう。自分色の基準は、首と顔の境目「フェイスライン」にファンデーションをのせて違和感があるかないかで判断しましょう。

普通肌〜やや白めの肌=オークル+ライトオークル 普通肌〜日やけした肌=オークル+ダークオークル イエロー系の肌色=ライトオークル+ダークオークル

※混合割合は1:1ではなくご自分の肌色に合わせてアレンジしてください。

素肌感、カバー力、保湿力すべての願いを叶える理想のファンデーション 保湿成分ライスパワーNo.1 SPF15 PA++ ライトオークル(明)オークル(標準色)ダークオークル(暗)

リクイドファンデーション(保湿ファンデーション)30g 全3色商品詳細

プラス エッセンスちょい混ぜでさらに保湿力がアップ! Chisa's POINT

リクイドファンデーションにエッセンスを1プッシュ程度混ぜるだけで、保湿力がぐんとアップ!自然なツヤ肌に仕上がり、化粧くずれしにくくなります。

Step2

リクイドファンデーションを、
額、頬、鼻、あごから手で大まかにのばす
まずはファンデーションを手にとって、額、頬、鼻、あごなど
広い面積の部分に大まかに置きます。

Step3

顔の中心から外側へ、
やさしく丁寧に塗り広げる
矢印の方向へ内から外へ、やさしく丁寧に塗っていきます。
ムラにならないよう、一定方向に手を動かしましょう。

Step4

よれやすいまぶたは
少量のファンデを指先でやさしく薄塗り
まぶたはよれやすく、ファンデーションがたまりやすいので、
指で薄くやさしく塗り広げると良いでしょう。

Step5

シミをカバーするには
ワントーン暗い色をセレクト
シミが気になる部分は、ワントーン暗い色のファンデーションを指の腹でトントンとなじませます。

Step6

仕上げは、スポンジの広い面を
肌の上で滑らせる
スポンジの広い面を使い、肌表面を滑らせます。密着度もアップするので、化粧くずれの防止にもなります。

Step7

ムラなく均一に
つけるために、パフに
パウダーをたっぷり含ませる
肌にムラなくパウダーをのせるために、専用パフにお粉をたっぷりと取り、もみ込むようにしてパフの中にお粉を入れ込みます。このひと手間で、パウダーを薄く均一につけられます。

商品詳細

Step8

パフ全体を使い、ポンポンと丁寧に
パウダーをのせる
【広いところ】パフで顔全体にパウダーをのせていきます。この時、できるだけ細かく丁寧にのせるのが、キレイに仕上げるコツです。

Step9

細かいところはよれやすいので、
薄づきでOK
【細かいところ】目元、口元、小鼻など細かいところには、上の写真のようにパフをたたんで持って、トントンとやさしくのせましょう。

キャンペーンは終了しました。